脱毛可能な部位

アンダーヘアの処理をサロン脱毛や医療脱毛で行う場合
どのような疑問や不安を抱える人が多いでしょうか。

ミュゼの施術範囲

脱毛が初めての人にとっては、アンダーヘアの脱毛がどのようなものかもイメージがつかないでしょう。

デリケートゾーンは、非常に繊細な部分でもありますから、細かい部分までは脱毛することはできないと考える人が多いかもしれません。ですが、実際には意外にアンダーヘアの脱毛は出来てしまうものなのです。

アンダーヘアに該当する脱毛エリアは、鼠径部のVライン、膣周りのIライン、肛門周りのOライン、また毛が生えている恥骨部分全体も脱毛することが出来ます。

ビキニラインの施術風景

出来ない箇所は、粘膜部分になりますが、粘膜部分には毛は生えていませんので、問題ないでしょう。ですので、実際には毛が生えている部分は全体的に脱毛をすることが出来ます。とはいえ、アンダーヘアの脱毛は、デリケートな部分に変わりはありません。

また、ショーツなどでこすれやすい部分でもあり、色素沈着もしやすい部分です。色素沈着が起こると、脱毛もしづらくなります。というのは、肌が黒ずんでいると脱毛機が皮膚に反応してしまうことがあるからです。
そうすると、火傷などのトラブルにつながります。

デリケートゾーンは比較的色素沈着しやすい部分。なかなか他の部位と比べると、減毛スピードも遅いですが、根気よく脱毛していれば、徐々に減ってくるので安心してください。

脱毛 キャンペーン

脱毛コース

実際に、脱毛サロンや医療脱毛の脱毛コースはどのようなものがあるのでしょうか。
基本的に、サロン脱毛も医療脱毛も、脱毛するエリアによってコースが作られています。

自分が脱毛したい部分をコースで組んでいくわけですが、料金はあとその部位の施術回数によって決まります。だいたいの脱毛コースは、まとまった回数がセットになっています。

セットで脱毛を契約すれば、1回の料金が安くなるしくみになっています。

ミュゼのフリープラン

アンダーヘアの脱毛部位は、Vライン、Iライン、Oライン、トライアングル上、へそ周りなどがあります。

永久脱毛 おすすめ

それぞれ、自分が必要な部位を契約しますが、アンダーヘア全体を脱毛したい場合は、ハイジニーナ脱毛のコース設定がある脱毛サロンや医療脱毛機関もあります。

ハイジニーナプラン

ハイジニーナ脱毛の場合、アンダーヘア全部を処理することも可能です。とはいえ、全部つるつるに処理しなくても、毛量を少なくしたい場合は、何回か全体に照射すれば、アンダーヘアを間引きすることができます。そういった目的でハイジニーナ脱毛を契約している人も少なくありません。

コースを契約する際には、だいたい施術回数を選択します。
アンダーヘアの場合は、部分的になくなりにくい傾向にあります。
ですので、自分が想像している回数よりも、少し多目の回数のコースを選択してもよいでしょう。

最近では、残った回数を返金できたり、他の部位に回すこともできたりするので、余ることなく心配せずに契約することが出来ます。

http://www.cliniceffect.com/

どれくらいでなくなる?

アンダーヘアの脱毛をしたい人にとって、一番気になるのはどれくらいでアンダーヘアのむだ毛をなくすことができるのか、といったことではないでしょうか。

何回でツルツルになるのか?

一般的に、サロン脱毛や医療脱毛にかかる機関は、1年半から2年はかかります。ですが、これはあくまで目安です。むだ毛の濃さや量は、人それぞれ違うものです。ですので、どれくらいでなくなる、という明確な期間はなかなか伝えられません。

特に、全身の中でもアンダーヘアの部分が一番なくなりにくいのではないでしょうか。
Vラインや下腹部部分のむだ毛はある程度はやくなくなる傾向にありますが、IラインやOラインはなかなかなくなりにくい部分です。と言うのは、お肌の色素の問題です。

サロン脱毛や医療脱毛の脱毛機は、むだ毛の黒い色に反応します。
ですので、お肌が白ければ白い程、反応がよいのです。
反応がよいということは、早くなくなりやすいということです。
Vラインや下腹部は、比較的お肌の色素も薄いため、脱毛機も反応しやすいです。

IラインやOラインは色素沈着がしやすい部分です。色素沈着があるということは、脱毛機の反応もあまり良くなく、効果も他の部分と比べると遅い傾向にあります。

ですので、アンダーヘアの脱毛は、2年以上はかかると覚悟しておいた方がよいでしょう。
脱毛をしながら、デリケートゾーンの色素沈着ケアや予防に心がけるのも、早く脱毛が完了する秘訣になるでしょう。

背中 脱毛 料金